オタクパラダイス

海上に 浮かぶ メガフロート

WLDナーフ後環境

正直揺れ動いててよくわからない(じゃあ書くなという話)

Tier1

ミッドレンジネクロ

ランプドラゴン

超越ウィッチ

復讐ヴァンプ

Tier2

アグロヴァンプ

ニュートラルロイヤル

秘術ウィッチ

疾走ビショップ

イージスビショップ

Tier3

OTKエルフ

ニュートラルエルフ

ミッドレンジロイヤル

ネフティスネクロ

セラフビショップ

 

昏き、消滅!w

上位陣だけを見ると騒乱期と変わらないように見えて微妙に変化がある

 

まず騒乱期にはネクロとドラゴンに対抗できるデッキとして有力だったイージスビショが低迷している点

元々苦手としていた復讐ヴァンプがパワーカードを得てさらに強化されたことや、ネクロやドラゴンが度重なるナーフでパワーが落ちたため、それにつけ込んで超越が増えてしまったことなど、環境的な変化の煽りを受けているのだろう

 

もう一つは前述の通り超越が多いという点

ドラネクのパワーが落ちたことに加え、ニュートラル軸もゴブリーを絡めた動きをしてこなくなったため、処理が間に合う場面が増えたのだろう

エボルヴ期以来の超越バースが到来するかもしれない

 

ここからメタが回るかどうかは微妙なところだが、おそらくランプと超越を轢くアグロヴァンプと疾走ビショ、ニュートラルロイヤル辺りが上がってきそうではある

イージスに関しては超越次第、もとい超越を狩るアグロがどれくらい頑張れるか次第と言ったところだろうか

 

現状、一つのデッキにも様々な型がある(ミッドネクロと言ってもアサシンの有無とか貴公子の有無とかでいろいろ分かれてる)ので、みんな試行錯誤してる最中って感じ

思わぬデッキが急浮上してくる可能性もあるので要チェックだぞ!おわり

運営はニュートラルのデザインを真面目にやれ

別にマナレシオなんて守ってなくていい

マナレシオ守ってないなんてSTD期から言われていることだし、そもそもシャドウバースというゲームはコスト踏み倒しの超絶パワーカードを互いに叩きつけ合うのが面白いゲームだと考えます

あなたがシャドウバースを始めたばかりの頃を思い出してください。ぼくは初めて乙姫投げられた時のこと、超越された時のこと、3T目に4/5のエンシェントエルフを立てられた時のこと、必死に展開したのを全部テミスで吹き飛ばされた時のこと、たぶん一生忘れません

は??w?w???ww???wってなるパワーカードのぶつかり合いがこのゲームの醍醐味であって、別に厳密にマナレシオを守っている必要があるとは思いません

 

ニュートラルが守るべきデザイン上の条件

これはニュートラルカードにも言えることです。クラスカードがコストに対してオーバーパワーなところにファイターさんが入り込む余地はないわけです

ただし、次の条件は守っているべきだと考えます:

  1. クラスカードより明らかに強いカードを作らないこと
  2. どのクラスでも採用の余地のある汎用性の高いカードであること
  3. デッキの弱い部分を補完するカードであること

 

クラスカードより強いカードを作るな

1の条件はまあそれはそうって感じですね。クラスカードが強いのにそれよりニュートラルが強いと、次のクラスカードはもっと強くしなきゃ……ってなってインフレのスパイラルに陥ります

f:id:sevenports:20170731004422p:plain

お前のことだよ

 

どのクラスでも採用検討できる汎用性の高いカードにしろ

2の条件も必須だと思います。この条件が満たされていないと、クラスによって扱えるカードの数が異なってしまう、つまり実質的にカードプールのクラス間格差が生まれてしまいます

例えば、《死の舞踏》はアグロ~ミッドレンジデッキ全般で採用が検討できるカードですよね。これはニュートラルカードとして(性能はともかく)「クラス間のカードプール格差を作らない」という一点において非常に優秀なデザインです

一方で、《冥府への道》はこの条件を満たしているとは言い難いでしょう。《新たなる運命》で墓地を肥やすことを考えると、手札が増えやすいエルフやウィッチぐらいしかこのカードを上手く活かせません。事実、このカードを使った冥府エルフが環境上位に存在し、かつそれ以外のクラスで冥府を入れたデッキは活躍できなかったわけです

f:id:sevenports:20170731010418p:plain

高コストニュートラルで唯一まともなデザインのオーディンさん

ミッドレンジ~コントロールデッキ全般、あるいはランプドラゴンでラストワードへのメタカードとして採用が検討できる

 

デッキの弱い部分を補完するようなカードにしろ

遠回しな言い方してますが、要するにニュートラルカードが軸になるようなデザインはやめろということです

現状のランプドラゴンを考えてみてください。ドラゴンの高コストフォロワー何入ってますか?ぼくはウロボとジェネドラぐらいしか思い付きませんでした

今のランプの軸は明らかに《バハムート》であり、《サハクィエル》《ルシフェル》《イスラーフィール》辺りが盤面と体力を支え、《風の軍神・グリームニル》が盤面をお掃除するわけです。もうね、アホかと

まあランプの例はさすがに極端な例ですが、ぼくが言いたいのはこれがクソってことだけです↓↓↓

f:id:sevenports:20170731012816p:plain

なんで出したのぉぉぉ???以外の感想がありません。CVあやねるだからって限度ってもんがあるぞ

 

クラスが7つに分かれていることの利点を活かして

わざわざ7つもクラスが用意されているのだから、やはり7通りの戦い方が出来て然るべきだと思うのです

ニュートラルが強すぎて全部ニュートラル軸になっちゃいましたwみたいなのはやはりゲームとして面白くないでしょう

クラスらしさを活かしつつ、それでいてわけわかんないレベルのパワーカード(理不尽カードを追加しろとは言ってない)を順当に追加していってほしいですね

個人的にはいい加減ウィッチに激強スペル追加してほしいです。超越?知らない子ですね。おわり

オシャレ魔女 オズandドロシー

f:id:sevenports:20170729221903p:plain

魔女っ娘クラブ

 

普通のドロシーにオズを挿した。おわり

 

何が強いの

普通のドロシーだとドロシー引けなかった時に息切れしてイイィィイイィイイってなりますが、オズでもドロー出来るようにすることで息切れしなくなり安定感が増します(たぶん)

ドロシー、オズ、虹、知恵、ピン挿しのサミーとドローソースが充実しているため、従来のドロシーよりかは事故りにくいはずです

 

マリガン何残すの

なんか自分でもよく分かってないんですけど、とりあえず2コスフォロワー(クレイグ、ゴーレム、あんまり出したくないけどレヴィ)は残したほうが幸せになれることが多いです

ドローが強いのでドロシー引けないみたいなことは起こりづらく、初手にあれば理想ですけど無理してまで狙いに行く必要はなさそうです

中盤はレヴィルーンやオズ雷撃で乗り切りましょう

 

デモスト舞踏要らんの

手札が噛み合わなかった時に余計な事故を誘発しかねないので抜きました

ドローに自信ニキはエミル抜いてデモスト舞踏入れればいいと思います

 

これ勝てんの

最初めっちゃMP溶かして9000ぐらいまで落ちたんですけど、そこから9連勝くらいして10000に戻ってきたので、たぶんマリガンとプレイングが安定すれば勝てるデッキなんじゃないでしょうか

マリガンで残すカードとブースト先は勝敗を分けるので慎重にやりましょう

 

 

最後に

上振れした時のドロシーの破壊力は今でも健在です

みんなでNヴ、轢こう!wおわり

初心者でも簡単にガチデッキを組める簡単なやり方

あなたはなぜシャドウバースを始めてしまったのか……

 

今回の記事はタイトル通り、右も左も分からない初心者でも簡単に一線級のデッキが作れるよという記事です

ここに書いてある通りにやれば誰だって出来ますので、エーテルは頑張って調達してください

 

現在(ワンダーランド・ドリームズ)環境における強デッキ

ズバリ言ってニュートラルデッキ』です

その名の通り、ニュートラルのフォロワーを軸にしたデッキの総称であり、クラスとは一体何だったのだろうと思わずにはいられない産物今回の目玉レジェンドである《不思議の探求者・アリス》を活かしたデッキ構成になっています

 

ニュートラルデッキ』の正体

実はこの『ニュートラルデッキ』、いくつか種類はあるものの、その構成はどのデッキでもほとんど変わらないのです

というのも、どのクラスでも採用できるニュートラルカードが軸になっているので、当然どのクラスであってもデッキ構成が似通ってくるというわけです

 

まずはどうすればいいの?

何も難しいことを考える必要はありません

デッキ作成で好きなリーダーを選び、以下のカードを入れてみましょう

f:id:sevenports:20170709042649p:plain

他にも強いフォロワーはいっぱいいますが、ぶっちゃけた話するとニュートラルならなんでもいいですね

3コスト帯はわりと激戦区な上、人によって好みが分かれるので、実際に使って違和感を感じたら他のカードと入れ替えてみるといいと思います

 

さて、これらのカードだけで28枚、デッキのおよそ4分の3がニュートラルのカードです

つまりどのリーダーであってもニュートラルデッキである限り4分の3は同じ構築というわけです

 

残りの12枚は?

クラス固有のカードを入れていきます、基本的には固有カードの方がカードパワー自体は高いです

必ず入れるべきものは次の2つ

  • 2コストの火力カード
  • 5コスト以降のフィニッシャーになり得るカード

2コストの火力カードというのは、例えばネクロマンサーの《ゾンビパーティ》やロイヤルの《火遁の術》といった、フォロワーに対してダメージを与えられる2コストのスペルのことです。これが無いと序盤の攻防で苦労しがちなのでまずは入れるべき

5コスト以降のフィニッシャーというのは、例えばロイヤルの《レヴィオンセイバー・アルベール》やヴァンパイアの《昏き底より出でる者》といった、疾走や効果などによって即座に大ダメージを与えられるカードや、あるいはビショップの《黄金郷の獅子》などの一気に盤面を制圧できるカードのことです。4コストまではニュートラルテンプレセットが強いので、それ以降の時間をクラス別の強力カードに任せます

 

ここまで入れてもまだ何枚か枠が余ってると思うので、次に挙げることを参考に何枚か採用してみてください:

  • ニュートラルフォロワーとシナジーのあるカード
  • 単純にカードパワーが高く、単体で活躍できるカード
  • フィニッシャーの支援をするカード

ニュートラルとシナジーするカードというのは、例えばロイヤルの《兎耳の従者》のような、ニュートラルカードが場や手札にあるときに強化されたり使いやすくなったりするカードのことです

二番目のカードパワー云々はまあ、そのままですね。ヴァンパイアの《豪拳の用心棒》やネクロマンサーの《死の祝福》といった、書いてあることがめちゃくちゃ強いカードを入れておけばオッケーです

そして最後、フィニッシャーを支援するカードですが、要するにヴァンパイアの《バフォメット》のことです。フィニッシャーである昏きのコストを下げてフィニッシュを早めましょう

 

見本見せて

これらの方法で組んだ『ニュートラルドラゴン』のレシピを参考までに挙げておきます

f:id:sevenports:20170709050348p:plain

ニュートラルテンプレセットにフィニッシャーである《ダークドラグーン・フォルテ》を入れ、フォルテを確実に引けるように5コスト以上をフォルテのみにした上で《竜の伝令》を採用しています

また、ドラゴンには1コストの火力スペルである《ブレイジングブレス》がありますので、2コスの火力スペルではなくこちらを採用しました

2コスに《ハンサ》が入っていますが、特に深い理由はないし別に強くもないです。シナジーはないですが《セクトール》を入れるか、あるいはクラス別カードの2コスフォロワーを採用しても良いでしょう

 

ニュートラルドラゴンはあまり環境では見かけないデッキ(というかリーダー)ではありますが、前述の通りデッキの4分の3はニュートラルであり、そしてニュートラルは強いので、このデッキも普通に強いです

 

まとめ

今はニュートラルテンプレセットさえ揃えられればとりあえずは戦える環境であり、初心者でも比較的デッキを揃えやすい時期だと思います

現環境では圧倒的にニュートラルヴァンプが強いので、エーテルに余裕があれば作ってみると良いでしょう

おわり

現環境はTier2以下だけ見れば楽しいって話

シャドバはクソ

 

実は昏き「だけ」をメタるのであればどのクラスでも意外といけたりします

  • エルフなら妖精のいたずらで返したりデカい野獣先輩立てたりする
  • ロイヤルなら守護で耐え凌ぎつつローランでデュランダル出す(エメラダは知らん)
  • ウィッチなら気まぐれと変異で余裕
  • ドラゴンなら回復で遅延しながらバハ投げる
  • ネクロなら不死者アサシンで凌いでカムラ投げる
  • ビショならノイシュ神魔メイデンテミスと対策カードいっぱい

 

ここで気づいたかもしれませんが、ヴァンプ以外のクラス=Tier2以下だけのクラスを見れば、意外と楽しい環境というかデッキ相性が存在します

 

  • ビショは中盤に立てられた野獣先輩を除去できない
  • 野獣先輩は雪だるまになったりネズミになったりしがち
  • ウィッチは土の場合無限に回復してくるビショとドラゴンに一生勝てない
  • ドラゴンは土とロイヤル全般に有利
  • カムラがドラゴンを喰う
  • カムラは野獣先輩を取れない上雪だるまになったりネズミになったりする
  • ロイヤルはあまり有利な相手がいないものの致命的に苦手な相手も少ない

 

メタデッキの多くがランプやミッドネクロに弱いという弱点(というかカードパワー不足)を抱えており、結局イージスぐらいしか生き残ってないですね

そのイージスですら、マナカーブの綺麗さやサーチの多さからニューヴに安定性の面で勝てていないという現状

また、昏きへのメタカードはいずれも昏きの序盤を支えるニュートラルフォロワーに刺さりづらく、昏きが出る頃には負け濃厚という盤面が頻発します

 

総じて、Tier1たるヴァンプのカードパワーや安定性が高すぎること、序盤のニュートラルと終盤の昏きとの相性補完が良すぎること、Tier2同士で喧嘩しているためTier2のメタデッキたちの勝率・使用率が伸び切らないことが、現在のヴァンプ一強環境の原因になっていると推測します

みんなが円陣組んでイージスで戦えばヴァンプの勝率も抑えられるでしょうが、そういうわけにもいかないでしょう

 

というわけで、Tier2以下だけ見ればちゃんと相性差が存在してとても良い環境です

フリーであればランクマでは中々見られないデッキも多く、超越が調子乗ってることを除けば面白い環境と言えるでしょう

おわり

コントロールエルフ

f:id:sevenports:20170706022531p:plain

見切れてるのはバハムート2枚

 

《大魔法の妖精・リラ》とかいう盤面に置いておける確定除去が手に入り、以前よりも盤面がコントロールしやすくなりました

 

リノでよくない?

それはそうですが、手札でプレイ回数を稼がなければならない、手札にリノを集めなければならないなどの制約が多く、どうしても構築の自由度が下がったり単体のパワーカードを採用しづらくなったりします

今回はリノによる勝ち筋ではなく、適当にパワーカード叩きつけて相手が処理できなくなったところをシバく構築にしました

 

コンセプト

リラが追加されたものの、依然としてエルフは除去に乏しいため、除去札を多く積むのではなく守護と回復でひたすら遅延する方針を取りました

中盤を死ぬ気で凌いでサハに繋げましょう

 

構築のポイントとか

雑にパワーカード突っ込んだだけなので正直採用理由とかないです

強いて言うならアビーでしょうか。トーヴとスノプリに一方取られないのが無限に偉い上、進化で体力6まで処理できるのがさらに偉い

あと鏡の世界はサハリラとかいう殺意溢れるコンボを実現してくれる神カード。別に深い意図があって入れたわけではないですが、サハで出すカードが無いという状況を減らしてくれます

 

強かったカード

とりあえずは守護者とエリン。中盤をしっかりと支えてくれる大型守護は信用可能ですね

あとピン挿しですけどエルフクイーンでしょうか。終盤に投げると大体リタイア押されます

 

所感

実はこんなんクソデッキやろ~~~wつってランクマでは6戦しか回していないのですが、それでも4-2とかそんなもんなのでまあ、レジェンドってやっぱり強いんだなって感じですね

単体で強いカードばかり採用しているので基本的にはマナカーブ通り出していくだけであり、プレイングはそれほど難しいわけではありません

死ぬほど高い(61700エーテルことを除けば、フリーで回すのにちょうどいいデッキだと思いました(純粋な盤面の取り合いになるからカードゲームしてる感がすごい)

 

 

最後に

たまにはリノ算しないエルフもいいもんだと思いました。おわり