オタクパラダイス

海上に 浮かぶ メガフロート

今グルコスを始めるべき3つの理由

(それっぽいタイトルだけど大したこと書いてないよ)

 

対象読者

・アーケードの音ゲーやったことないけど興味あるしやってみたいひと

・アーケードの音ゲーやったことあるけど難しすぎて挫折しちゃったひと

過去にグルコスやったことあるけどゴミゲーすぎてやめちゃったひと

 

なぜ今なのか?

グルコスは音ゲーの中では歴史が浅く、初出は2011年のiOS版で、アーケード版は2013年に稼働したばかりです。

それから、初代→EX→2(HEAVENLY FESTIVAL)→3(LINK FEVER)とバージョンアップを重ね、今年の3月中旬には最新版の3EX(DREAM PARTY)が稼働予定です。

 

なぜ今グルコスを始めることをお勧めするかというと、

運営の譜面・ステージ製作技術が当初と比べて格段に向上したから

収録曲数が大きく増えているから

音ゲーの中では比較的判定が甘く、初心者でもそこそこ良いスコアを出しやすいから

の3つ。一つずつ説明します。

 

運営の譜面製作能力の大幅な向上

まずはこれを見てほしい

 

AC版グルコスのメインテーマ(らしい)の曲です。初代より収録。

ぼくの初見での感想は

何の音拾ってるのか・なんでその音拾ったのかが分からない

カメラワーククソすぎて見辛いし酔いそうになる

ですし、たぶん初見のみなさんも同じような感想だと思います。

一般に、グルコス初期に収録された曲の多くがこれらの特徴(何の音拾ってるのか分からない・見辛い)を備えており、あまり初心者にお勧めできない譜面です。

 

さらに悪いことに、2ぐらいまでは譜面によって判定が異様に厳しかったり、コロコロ変わったり、そもそもズレてたりといった状態が放置され、全譜面の判定が統一されたのはつい最近の話。

少し昔にグルコスを触った人はたぶん相当グルコスの印象悪いと思います(そりゃ音ゲーじゃないんだもん)。

2の後期(2016年)に追加されたはずなのになぜか判定ガバガバで話題になった曲。

修正前は判定 is Dead.とかネタにされてましたね

 

しかし、近年では運営の譜面製作能力が大きく向上しており、公式の言う「グルーヴ感」とか、視認性とかがかなり改善されてきています。

去年の10月に追加されたばかりの「ロストワンの号哭」HARD譜面を挙げておきます。視認性は良好、拾っている音もわかりやすいですし、何と言っても背景の原作再現がすごい。

音ゲー」と言うと、どうしてもスコア詰めみたいなガチな方を考えてしまいますが、綺麗な演出を楽しみながらリズムに乗って演奏するという楽しみ方ができる音ゲーは貴重ですし、ライトユーザーの方でも楽しめる音ゲーだと思います。

 

収録楽曲が多い

これはそのままですね。まあ2, 3週間に1回のペースで楽曲追加してるので当然楽曲数は多くなっていきます。

この記事の執筆(2017/02/28)時点で435曲もの曲がプレイできます。

 

「数ばっか増やして初期のヤバい譜面は放置するんじゃん」と思われるかもしれませんが、つい最近公式が譜面リニューアルなるものを始めたばかりなので、今後そういった初期のヤバい譜面は修正されていくものと思われます。

「裏表ラバーズ」HARD譜面のリニューアル前(上)と後(下)。視認性が改善され、背景の演出もより凝ったものになっている。

 

収録曲については、ポップスやアニソンといった版権曲はあまり多くないですが、ボーカロイド東方アレンジはかなり多く収録されている(しかも追加も多い)ので、そういったジャンルの曲が好きな方は是非プレイしてみてください。

 

判定が甘めでスコアを伸ばしやすい

 これもそのまま。初心者の方がプレイしてもそこそこのスコアが出ます。

グルコスの判定はGREAT>COOL>GOOD>MISSの4段階ですが、GOOD判定の幅がやたらと広いので、打数さえ間違ってなければなんか繋がります。

さすがにいきなり難易度7以上の高難度譜面は厳しいと思いますが、それよりも下の難易度であれば少し練習するだけでNO MISSも狙えるかも?

 

前述した通り、2までは異様に判定の厳しい譜面もあったのですが、現在は難易度のモード(SIMPLENORMALHARDEXTRAの4段階)によって判定幅が統一されており、低難度のモードほど判定が甘く設定されているので、最初はNORMAL辺りからプレイしてみると良いと思います(SIMPLEは拾ってない音があったりして逆に難しく感じるかもしれません)。

 

以上3つの理由から、今は初心者の方がグルコスを始めるのにちょうどよい時だと思っています。大きいゲームセンターだったら大体置いてあるので是非触ってみてください。

 

最後に

ぼく個人の思う良譜面をいくつか紹介しておきます。

・拾っている音が分かりやすく、リズムに乗りやすい

・背景に凝っていて、原作ファンにはたまらない演出がある

・最近追加された曲で、譜面の完成度が高い

辺りを評価基準としています。

 

かくしごと ジャンル:ボーカロイド

ドラムパートとボーカルパートの緩急が激しくノリノリで演奏できます。背景もめちゃくちゃ凝ってますね。

この動画はHARD譜面でかなりの高難度ですが、SIMPLEやNORMALはもっと落ち着いた譜面になっていますので、初心者の方はそちらをプレイしてみると良いと思います。

 

ジンガイクライシス ジャンル:東方アレンジ

グルコスのイベントのために書き下ろされた東方アレンジ。グルコスでしか聴けません。

終始ラップに合わせた連打で、まるで自分が歌っているかのようなグルーヴ感を楽しめます。例にもよってHARD譜面でかなりの高難度なので、初心者の方はNORMAL以下推奨。

 

KALEIDOSCOPE ジャンル:ゲーム

ガンスリンガーストラトス3」より。バージョン毎にコラボしてるしガンスト公式とは大の仲良し?

照準の演出を始めとして、原作ファンならニヤリとする演出が盛りだくさん。

 

Halcyon ジャンル:バラエティ

長年音ゲーをやっている方ならご存知の方も多いのではないでしょうか。

EXTRAモードの難易度10という、グルコス最高難易度表記を引っ提げての登場。表記通りの超難譜面で手応え抜群です。ガチ勢の方でもやり込める難譜面もたくさんあります。

 

 

長くなりすぎた。おわり