読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクパラダイス

海上に 浮かぶ メガフロート

キモいオタクはなぜイキるのか

A. キモいから

まあこの一言に尽きると言えばそうなんですけどね

 

1. 人生で成功した経験が少ないから

人間普通に生きていれば友達はいるし彼女彼氏も出来るので、気色悪いオタクになっているということはつまるところ成功体験が少ないと言えるわけです

キモいオタクは「成功したことないからここで自慢してやるぜ!」という気概からイキっているわけではありません。普通の人間なら当たり前に経験していることだってことを認識していないだけであって、当人にはイキっているという自覚すらありません

 

2. 人格的に難があるから

「ブスは性格が悪くて当たり前」という話があります

ブスは小さい頃から周囲にブスだブスだと悪口を言われ、ブスというだけで差別的な扱いを受けるために、他人に対する不信感や憎悪が募っていきます。したがって、他人に対する接し方も(その本人が受けてきたように)厳しいものとなりがちで、一般的によく言われる「ブスな上に性格も悪い」というのはむしろ当たり前だという話です 

気色悪いオタクも同じような話で、まともに会話の出来ない根暗アスペロリコン犯罪者みたいな人間は周囲から差別的取り扱いを受けるため、性格がひん曲がっていきます。普通の人間であればイキった態度は周囲に嫌われるから止めようという考えがはたらきますが、性格のひん曲がった気色悪いオタクにそのような感性はありません

 

3. みんなが知らないことを教えるのが好きだから

どういう理屈かは分かりませんが、大体オタクという生き物は「布教」が好きです。自分が観て面白かったアニメや、プレイしてみて面白かったゲームなどは友達もいないくせにすぐ布教します

そして1に繋がるのですが、気色悪いオタクは周りが知らない(と本人が思い込んでいる)ことをすぐ布教します。しかも周りは知らなくて自分だけが知っているという前提があるので、どういうわけか自分の方が知識があるという点でマウントを取ろうとしてきます

 

まとめ

キモいオタクがイキるのも仕方がない気がする

ただやっぱり気持ち悪いもんは気持ち悪い

 

おわり